【重要】システムアップグレードについて

出発地
目的地
出発地
目的地
往路出発日
復路出発日
  • 大人
    (12歳以上)
  • 子供
    (2-11歳)
  • 幼児
    (0-1歳)
destination
departing
returning
rooms
  • Adults
    12+ years
  • Children
    2 - 11 years
destination
category

ご搭乗時の注意事項

ご搭乗手続きについて

出発時刻の 2.5 時間前にご搭乗手続きおよび手荷物のお預け手続きを開始いたします。ご搭乗になるお客様は、出発時刻の 45 分前までに必ずご搭乗手続きをお済ませください。ご搭乗手続きに間に合わず、ご搭乗いただけなかった場合、理由の如何を問わず、タイガーエア台湾はいかなる補償も行いません。

4HR~空港到着前
箭頭

ご搭乗手続き前

あらかじめ以下の書類をご用意ください。

  • 印刷済みの旅程表
  • 旅券(目的地国で入国を拒否されることのないよう、残存有効期限が6か月以上であることをご確認ください)
  • 目的地国の査証(あらかじめ目的地国の査証要件を確認し、渡航目的に応じた査証をご出発前に取得してください)

以上の書類に不備がある場合、ご搭乗をお断りしております。また、タイガーエア台湾は、いかなる補償も行いませんので、あらかじめご了承ください。

2.5HRご搭乗手続き
箭頭

空港のチェックインカウンターは、出発時刻の 2.5 時間前から搭乗手続きを開始し、出発時刻の 45 分前に手続きを締め切らせていただいております。

ご搭乗手続きの前にご確認ください。

  • 行程表
  • 旅券
  • 機内持ち込み手荷物(10kgまで)
  • 受託手荷物(手荷物をお預けになる際には、別途料金を申し受けております。必要に応じてご搭乗手続きまでにご購入をお済ませください。事前にご購入されなかった場合は、超過手荷物とみなし、超過手荷物料金単価に従って料金を計算いたします)

注意:空港でのご搭乗手続き時にお座席を指定することはできません。お座席を指定される場合は、ご搭乗便の出発時刻の4時間前までに追加料金をお支払いのうえご指定ください。

1HR搭乗券のお受け取り
箭頭

搭乗券に記載されたお名前が旅券と一致していることを確認し、税関を経て出国審査場へお進みください。

※ 受託手荷物があるご搭乗者は、手荷物X線検査場でご自身のお手荷物の保安検査が済んだことをご確認ください。

 出国審査
 箭頭

出国審査の混雑によるご搭乗便への乗り遅れを避けるため、お早めに出国審査をお済ませください。

事前に以下の書類をご準備ください

  • 旅券
  • 搭乗券
30MIN搭乗口 搭乗準備
GOAL

ご搭乗便の出発時刻の30分前までに搭乗口にお越しください。

ご搭乗便の出発時刻の30分前までにはご搭乗口までお越しいただく必要がございます。搭乗口は出発時刻の10分前に閉めさせていただいております。この時間を過ぎて搭乗口にお越しになられた場合、ご搭乗をお断りしたうえで、お預けになられた荷物を飛行機から降載し、当社はいかなる賠償もいたしません。次の便にご搭乗をご希望される場合は、その時点における運賃で新たに航空券をご購入いただきます。

事前に以下の書類をご準備ください

  • 旅券
  • 搭乗券

タイガーエア台湾の多くの便ではタラップを利用してご搭乗いただいております。ご搭乗時にお手伝いをご希望される場合は、ご搭乗便の出発時刻の 5 日前までに当社のカスタマーセンターまでご連絡ください。

 

渡航文書

タイガーエア台湾、出入国管理当局およびその他の政府機関の求めにより、すべてのご搭乗者は有効な渡航文書を所持していることを確認する責務を負っています(必要に応じて査証をご取得ください)。これらの要求に違反したことにより受ける罰金、処罰、費用または出費は、お客様に負担していただきます。ご搭乗者の渡航文書が無効であるか、不適切または何らかの偽造の形跡があると認められた場合、タイガーエア台湾は、ご搭乗をお断りし、一切の賠償もいたしません。

O ご搭乗に際し有効な身分証明書X ご搭乗に際し無効な身分証明書
  1. 運転免許証、旅券、社会保障カード、健康保険証など、顔写真付き身分証明書。
  2. 小児のご搭乗者が顔写真付きの身分証明書の発給を受けている場合、証明書要件は成人と同様に取り扱います。また、小児のご搭乗者は、旅行中に出生証明書または学生証を携帯されることを強くお勧めいたします。
  3. 「難民の地位に関する1951年の条約」第28条第1項にしたがい、政府が難民に対して発給する旅行証明書は、有効な旅券として取り扱います。
  1. 在留カードまたは戸籍謄本は、国際線へのご搭乗に際し、有効な身分証明書または身分証として利用することはできません。
  2. 有効期限が過ぎている、または損傷した旅券は、すべての便において受理いたしかねます。空港でご搭乗手続きを行う際に、ご搭乗者の名前と一致する有効な旅券をご提示いただけない場合は、ご搭乗いただけません。
  • 一部の国の出入国管理当局は、入国者に対し、確認済みの復路または出国用の航空券の証明の提出を求めていることにご留意ください。
  • ご旅行に際し、査証の必要の有無につきましては、ご予約を行う前に渡航を予定している国の大使館または領事館にお問い合わせください。ご予約後に査証を取得することができなかった場合、タイガーエア台湾は、航空券の払い戻しに応じかねます。また査証に関するお問い合わせも承っておりません。

 

 

携帯型電子機器

リチウム電池を内蔵した携帯型電子機器が、見えない場所で発火するリスクに対処するため、ICAO(国際民間航空期間)の指示により、2017年7月1日よりリチウム電池を内蔵した携帯型電子機器を「貨物室」で輸送する場合の安全措置が義務化されました。

リチウム電池を内蔵した電子機器を受託手荷物としてお預けになる場合本体の電源を完全にお切りください。(スリープモード不可)

※偶発的な作動や損傷による発火を防止するため

安全運航にご理解・ご協力くださいますよう、お願いいたします。

客室内での電子機器類のご使用について

中華民国の民用航空法の規定に基づき、タイガーエア台湾は、2015年11月より客室内における携帯型個人用電子機器類の使用範囲を緩和し、タイガーエア台湾が運航するすべての便(便名がIT)において適用されます。違反した場合、最高で5年以下の懲役・禁錮若しくは拘留、又は15万台湾ドル以下の罰金が科せられ、状況が重大であるときには最高で無期刑が科せられることがあります。

    • 飛行機のドアが閉まった後、ご搭乗者は、機内アナウンスに従い、携帯電話、タブレット端末、ノートパソコン等の個人用電子機器類の設定を機内モードにし、Wi-Fi、音声通話等の通信機能をオフにするものとします。飛行機が着陸して誘導路に入り、客室乗務員のアナウンスがあるまで、ご搭乗者は機内モードを解除できず、音声通話及びインターネット通信機能をご利用いただけません。
    • 各種無線操縦装置、トランシーバー及びそれに類する電子機器、無線操縦玩具及び電子ゲーム機等を含む電波を発する個人用電子機器類は、客室内での使用が全面的に禁止されています。フィーチャーフォン(スマートフォンでない従来型の携帯電話)等の電子機器類で機内モードへの切り替え及びWi-Fi、音声通話等の通信機能をオフにできないとき、飛行機のドアが閉まり、その後飛行機が着陸して誘導路に入り、客室乗務員のアナウンスがあるまで使用が禁止され、音声通話機能をご利用いただけません。
    • 煙による他のお客様及び緊急脱出への影響を避けるため、電子たばこの使用は全面的に禁止されています。
    • 化粧室内のコンセントは、電気カミソリの充電にのみご使用いただけます。
    • 離陸及び着陸中(高度1万フィート以下)、緊急脱出の妨げ又は予期せぬ乱気流による危害を避けるため、ノートパソコン等の体に固定できない又はシートポケットに入れられない(重さ1kg超)携帯型個人用電子機器は、前の座席の下(前方又は両側に滑り動くことがないようにする)又は上の収納棚に収納するものとします。電源コード、イヤフォンコード等の電子機器類のコードは、適切に管理し、緊急脱出に影響がないようにしなければなりません。
    • 客室乗務員が携帯電話の通信機能がオフであることを確認できないとき又は飛行システムに干渉する恐れがあるとき、客室乗務員の指示に従って携帯電話の電源をお切りください。
    • 飛行機が台湾地区外を飛行しているとき、携帯型電子機器類の使用は、当地の関連規定を順守する必要があります。乗務員は、必要なとき、ご搭乗者に現地の電子機器類使用禁止に関する規定に従うよう通知いたします。

electronic handcarry

サムソン電子社製ギャラクシーノート7について、タイガーエア台湾が運航するすべての便(便名がIT)へのご搭乗に際し、サムスン電子社製ギャラクシーノート7の客室内へのお持ち込みも受託手荷物内に入れることも禁止されています。また、タイガーエア台湾が運航するすべての便(便名がIT)では、モバイルバッテリーの使用が禁止されています。