ログイン 登録 My tigerclub ログアウト

タイガー・エア台湾は徴収基準を調整し、10月28日より発効します

タイガー・エア台湾では現行の手数料項目の適切性を検討し、各項費用と手数料の徴収基準を調整することになりました。新規定は2018年10月28日出発のお客様より適用させていただきます。

タイガー・エア台湾は現行の手荷物規定を継続し、お客様お一人の機内持ち込み手荷物は3辺のサイズが54cm x 38cm x 23cm以下 (上記サイズは車輪や取っ手など外部の突起物を含みます)の物1個と個人の身の回り品(例:手提げかばん、パソコン或いは免税品など)1個の合計2個まで、総重量10kg以内とします。しかし2018年10月28日出発のお客様より、搭乗ゲートの検査で、機内持ち込み手荷物が上記規定をオーバーし、且つ空港の出発手続きカウンターで受託手荷物の手続きをされていない場合、搭乗ゲートで1個あたりNTD1,000の受託手荷物料金をお支払いいただく必要があります。

そして、タイガー・エア台湾では2018年10月28日より、50〜80kgの重い重量の受託手荷物の事前購入を取り消し、お客様お一人が事前購入できる受託手荷物の上限を40kgとさせていただきます。1kgあたりの重量超過レートは現行のNTD700/kgからNTD500/kgへ値下げいたします。詳しくは、タイガー・エア台湾の公式サイトの「手荷物」をクリックすると関連情報がご覧いただけます(www.tigerairtw.com/jp/ready-to-go/fees)。

タイガー・エア台湾の2つのフライト間の乗り継ぎ便を同時購入し、且つ桃園国際空港或いは高雄国際空港で乗り継ぎされるお客様に対して、タイガー・エア台湾が提供するtigerconnect乗り継ぎサービスの現行料金は一人当たり毎回NTD500〜800でしたが、2018年10月28日出発のお客様より、この手数料を徴収しないことになりました。お客様がtigerconnect乗り継ぎサービスを使用される場合、出発地で預け入れた手荷物は全て直接目的地までスルーバゲージされ、また桃園国際空港或いは高雄国際空港内の乗り継ぎカウンターですぐ次のフライトの搭乗券を受け取ることができます。